FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の冷え性について☆

今回の美容のテーマは冷え性について。女の子の大敵の冷え性。食生活の問題やストレス、運動不足などの日常生活の乱れが原因で低体温症を招いている方も多いと思います。低体温症の症状として冷えや肩こり、腰痛、頭痛、生理痛、生理不順、自律神経失調症など、低体温により招かれる症状も多いのです。

体温が下がると、体を守る免疫機能にも影響が出ます。体温が一度下がると、基礎代謝は12パーセント低下して免疫力は37パーセントも下がるそうです。痩せにくくて太りやすい体になるだけでなく、病気になりやすい体になってしまいます。また、35度台というのはガン細胞が最も好むと言われて、細胞を増殖させる温度と言われています。ガン細胞は女性であれば冷えやすい臓器である卵巣や子宮などにも悪影響を及ぼします。冷え性は女性に特に起こりやすいので普段から冷えの対策を行うようにしましょう。


1、冷たいものを極力飲まない。 低体温の原因の一つに冷たい飲み物を摂りすぎると言う事があります。また、アイスやかき氷なども同じです。一気に体を冷やす要因にもなります。また、氷入りもものも一気に体を冷やすので極力氷なしの飲み物を頼むようにしましょう。
2、体を冷やす食べ物を極力摂らない。 きゅうり、トマト、レタス、ナスなど夏が旬のお野菜は体を冷やす原因になるので、生野菜は体にいいからとこれらの野菜ばかり食べて居ては体を冷やす原因になります。根菜や、生姜、唐辛子に含まれるカプサイシンは体を温める代表的な食べ物です。意識して摂るようにしましょう。また、食品添加物やカフェインも体を冷やすので摂りすぎに注意しましょう。体を温める最強のドリンクは生姜紅茶です。
3、エアコンの効きすぎた部屋に居ない。 一日中エアコンが効きすぎた部屋に入る事で、体内温度調節や発汗をコントロールする自律神経を壊します。疲労感が抜けない夏バテや、胃腸機能の低下、肩こり、腰痛など、様々な症状に悩まされるようになります。女性は体の冷えは自分で守る意識を強くもって、普段の生活に心がけるようにしましょう。


冷えから守る用具で最適なのが、腹巻、使い捨てカイロです。女性特有の臓器である子宮や卵巣はとても冷えやすい為、1番にガードしてあげなきゃ行けません。また、シャワーで済ませずにキチンと湯船浸かる習慣をつけましょう。入浴は1番お金がかからない効果的な体温アップの方法です。

あなたがいつまでも綺麗で若々しくいれるために体温アップ計画を初めて下さいね。

また、女性の冷え性改善にはヨガもおススメです。

ヨガの効能

1、皮膚細胞が元気になり、お肌も健康になり、老廃物を排出してくれ若返り効果が期待できる。

2、基礎代謝がアップするので、自然と痩せやすい体質になる。

3、体の歪みを調整してくれる。

4、血液循環が良くなり、肩こり解消に繋がる。

5、冷え性が改善される。

6、女性ホルモンを整える作用がある。

7、リンパの流れが良くなり内臓も活性化される。

また、精神面のバランスを整えてくれる作用もあり、イライラしにくくなったり脳細胞の活性化にも繋がります。






色々な面で効果が高いヨガを日常生活に取り入れて行くのもいいかもしれませんね☆☆☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スキンケアランキング
にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村


スポンサードリンク


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4827150846749836"
data-ad-slot="4519572903"
data-ad-format="auto">



女子力アップランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。